IP分散レンタルサーバ

いづれの御時にか

(原文)いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひたまひけるなかにいとやむごこなききはにはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。
(現代語訳)どの天皇の御代であったか、女御や更衣がたくさんお仕えなさっている中にたいそう身分が高いとはいえないが、きわだって、帝の寵愛を受けられる方がいた。
(原文)はじめよりわれはと思ひあがりたまへる御方々めざましき者におとしめそねみたまふ。
(現代語訳)入内の最初から自分こそは帝の寵愛を受けられると自信満々の方々は気にくわない者としてさげすみ嫉妬なさった。
(原文)おなじほど、それより下らうの更衣たちはまして、安からず。
(現代語訳)同じ身分のの者たちや、ましてそれより身分の低い更衣たちは心が穏やかでない。
(原文)朝夕の宮仕へにつけても人の心をのみ動かし、恨みを負ふつもりにやありけむ、
つもり→積み重なるという意味の名詞。
(現代語訳)朝晩のおつとめにつけても、他人の心ばかり騒がせ。恨みを受けて、その恨みが積み重なったせいであろうか、
(原文)いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、
(現代語訳)たいそう病弱になっていき、何となく心細い気分で実家に帰りがちになっていった。